名古屋駅と都心の栄地区とを東西に結ぶ名古屋一の目抜き通 り、広小路通り。戦後はこの広小路通りに沿っていち早く復興が進みました。通 りの中心には路面電車が走り、沿道には屋台が立ち並んで多くの人々が通 りを埋め尽くさんばかりに行き交うなど、その様子は東京・銀座の「銀ブラ」にならって「広ブラ」と呼ばれていました。

  「広ブラ」は昭和40年代までは名古屋一の繁華街としてにぎわいました。ところが経済成長とともに、沿道の屋台は次第にオフィスビルへと姿を変え、人通 りの中心も若者からビジネスマンへと移っていきました。

  今、広小路通りでは、地元の商店街を中心に、「広ブラ」の賑わいを今の時代にも展開しようと、動き出しています。