広小路中央商店街

 
地産地消:農村と都市部を結ぶ取り組み
 
広小路中央商店街は「地産地消:農村と都市部を結ぶ取り組み」をイベント企画に盛り込んでおります。
現在、愛西市のNPO法人れんこん村のわくわくネットワークと協働で連携し「サムライ市」:名古屋市「商店街にぎわい創出支援事業(平成28〜30年)を行いました。
今後も「地産地消」の取組を目指し、引き続き実施してまいります。
また、栄町商店街「キッザモール」にご協力いただきました五十嵐桂葉先生による、農林水産省東海農政局の「地産地消」についても、 鈴鹿医療科学大学(後任者: 現在、愛知県栄養士会副会長 江口澄子准教授とそのゼミ生による)で取り組まれた冊子がございますので、 ご紹介させて頂きます。
 
「和んぷれーと」
  旬の食材で“薬膳”を家庭に

地産地消を目指す目的で検討した献立を紹介しています。
原本のメニューは、“管理栄養士がすすめる「介護に役立つヘルシー献立100選」”
(中央法規出版2001年−2008年出版本を参照)を基本ベースに、薬膳理論に視点を当て研究した冊子です。近代栄養理論に適合した四季メニューは、薬膳の三大栄養素と同じく、6つの基礎食品に当てはまることを明確に表しております。季節食品中に利用すれば、薬膳理論への適合性が極めて高いことがお分かりいただけるでしょう。
 農林水産省が地産地消運動に力点を注いだものが、薬膳理論の分野にも生かされておりますので、平成29年度発行の「和んぷれーと」を参考にしつつ、日常食を健康生活に役立てていただければ、大変光栄です。
−五十嵐桂葉−
 
五十嵐先生は伊勢志摩サミットでホテルの食事の献立指導に関わられた管理栄養士で陰陽五行を取り入れた薬膳料理の本を沢山出版されています。

主な経歴
 名古屋市立女子短大卒
 東京大学医学部保健学科内地留学
 日本栄養士会連盟理事
 元愛知県栄養士会名誉会長
 愛知江南短大名誉教授


五十嵐桂葉先生
(管理栄養士・鈴鹿医療科学大学非常勤講師)
愛知県出身 名古屋市在住

 
地産地消 旬の食材で薬膳を家庭に 和んぷれーと 全体版(PDF : 20,176KB)
 
農林水産省東海農政局『和んぷれーと』
 
これまでのイベントの様子
 
食と健康まつり:愛西市のNPO法人れんこん村のわくわくネットワーク
 
 
『ハロウィン キッザモール』
 
 
ハロウィンキッザモール:名古屋栄養専門学校の子供レストラン
 
戻る