広小路中央商店街

 
 
ベルギー王妃ご臨席による
小便小僧 新衣装お披露目除幕式
 
平成26年にベルギーの首都ブリュッセルにあるルイーズ通りと姉妹提携した栄町商店街振興組合。
昨年、ブリュッセル首都圏政府から同国が発祥の小便小僧のモニュメントから寄贈された。
今回は、ベルギーと日本の友好150周年を記念し、ベルギー国王夫妻が来日したのを機に、同国から小便小僧の衣装が贈呈された。

除幕式には、マチルド王妃とブリュッセル首都圏政府 ルディ・ヴェルヴォールト首相も出席。 栄町商店街の街路灯には、ベルギーの国旗が掲げられたほか、商店街にある松坂屋名古屋店では、 ベルギーの名産を集めた記念イベント『ベルギー物語』も実施された。

「小便小僧は平和・希望・創造性のシンボル。この伝統を引き継いでほしい」(ルディ首相)
「今や小便小僧は、栄のシンボルとなっている。
これからも、両国の絆を強める存在であってほしい」(坪井 栄町商店街振興組合理事長)

小便小僧は、ベルギーのブリュッセルで反政府軍が仕掛けた爆弾の導火線に、ひとりの少年が、 小便をかけて火を消し、街を救ったことに由来する。今回、贈呈された青いシャツと白い帽子とズボンの衣装は、 ベルギーで人気のキャラクター「スマーフ」がモチーフとなっている。

記事文責・写真は「愛知県商店街振興組合連合会のプロムナード」より抜粋
 
当日の様子
 
子供達(師勝はなの樹幼稚園)によるハンドベル演奏:1分19秒
マチルド王妃様に 坪井 栄町商店街振興組合理事長よりお礼の言葉:26秒
除幕式の模様(小便小僧の名前はジュリアン君です):1分02秒
動画撮影 事務局 吉山
 
 
戻る